肌荒れの原因と正しい対処法を知ろう

まずは「肌荒れ」の定義から確認していきましょう。

肌荒れにはさまざまな原因がありますが、内臓の不調や乱れた食生活、ストレス、睡眠不足などが考えられます。具体的に肌荒れを起こすメカニズムについてみていきたいと思います。

1 肌荒れの内的要因

内臓の不調

肌荒れの根本的な原因の一つは、体の内側にあると考えられています。

人は何かを食べると有害物質や添加物などの不要物が、体内に入ってきます。

不要物を代謝し分解して無害化するのが肝臓の役目ですが、肝臓の働きが悪くなると、解毒できなかった有害物質が血流にまわり肌荒れの原因になります。

偏った食生活

肌は体の内側で作られているため、健康状態がそのまま反映されます。

年齢や体質にもよりますが、肌荒れの原因の一つは、食べ物の質や偏った食生活があげられます。ダイエットのために炭水化物を抜いたり、野菜ばかり食べていると栄養が偏り、体の不調が蓄積されていきます。

ストレス

現代生活はストレスだらけですが、上手に発散できないと体に悪い影響が出ます。

とくに、ストレス対する反応が肌荒れに出てしまう人も多いようです。

睡眠不足

睡眠の一番の目的は、疲労の回復です。

睡眠が十分にとれないと、肌のコンディションに悪い影響を与えます。寝る前にスマートフォンの使用、テレビの深夜番組を見て、睡眠時間を減らしている人は多いようです。

これでは、良質な睡眠がとれなくなります。

便秘

便秘になると、自律神経の働きが悪くなるため、肌のツヤが無くなったり、ニキビ、肌荒れなど、肌トラブルの原因になるようです。

また、体内に何日も便をため込むと、腸の中で腐敗が進むので有害物質が発生するようになります。美容に大きな影響を与えてしまいがちです。

2 肌荒れの外的要因

間違ったスキンケア

スキンケアで注意したいのが、ゴシゴシ洗うことです。

メイクや汚れをしっかり落とそうと、クレンジングや洗顔をする際に力を入れてしまいがちですが、肌に摩擦という負担がかかってしまいます。

肌は非常にデリケートなので、こすり過ぎると過度の刺激を与えてしまい、さまざまな肌トラブルの原因となります。

スキンケアの順番を守る

洗顔して化粧水をつけがちですが、スキンケアで大切なのは、化粧水、美容液、乳液、クリームという順番を守るようにします。

順番の大切さは、基礎化粧品ごとにそれぞれ果たす役割を持っています。

何事にも順序があるように、スキンケアにも順序があります。

空気の乾燥

室内などで仕事をされている方々は、エアコンなどに長時間さらされますと、肌が乾燥してきます。

保湿性の低下した乾燥肌は、肌荒れの原因となります。空気の乾燥する季節や長時間のエアコン下では、適切なスキンケアが必要です。

3 肌荒れの予防方法

美肌をつくる質のよい睡眠

成長ホルモンの分泌は、深くて質のよい睡眠と大いに関係があります。

成長ホルモンの多くは、睡眠に入ってはじめの約3時間のあいだに分泌されるので、とくにこの時間の睡眠が深くて良質な必要があります。

それにはまず、寝る環境を整えることが大切です。

寝る1時間くらい前から寝室の照明を暗くしてみてください。

そうすると、メラトニンというホルモンが分泌されて、睡眠への準備が始まります。

バランスのとれた食事

美肌のための食事というと、ビタミンを意識したサラダなどの野菜中心の食事が連想されます。

しかし、栄養素は単独で作用するものではないですから、いろいろな栄養素をバランスよくとることが必要です。

最近ではダイエトのためといって、肉や魚などのたんぱく質を避ける女性もいます。

ところが、このたんぱく質こそが体や肌をつくっている材料ですから、たんぱく質をとらないでいると、肌が不調になるだけでなく、疲れが出たり、体力が衰えたりする弊害が出たりします。

ですから美肌の基本として、たんぱく質もビタミン類もバランスよくとることです。

その他、必要な栄養素は先取りしてとる習慣を持つことが大切です。

腸内環境を整える

「腸内美人は素肌美人」という言葉があるように、女性が美しくいるためには、腸内環境を整えることが大切です。

腸内細菌を増やすことによって、人間が作り出せないビタミンやエネルギーを供給しています。

そのためには、納豆、みそや漬物のような日本的「発酵食品」を摂ることをおすすめいたします。

これは優れた食品で、自分の腸内細菌を増やすことができ、腸内環境が整い、便秘予防や美容効果を上げることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする