腸内環境を整える

「人は食べたものでできている」とはよくいわれることですが、どんなにいいものを食べても、それを消化・吸収する腸が適切に働いてくれなければ意味がありません。

この腸の働きとは、腸そのものというよりはむしろ腸を住みかとする細菌たちの活躍にかかっています。

1 腸内フローラ

 細菌注目を集めている「腸内フローラ」とは、多種多様な腸内最近群が織りなす生態系が花畑のように見えることからあらわされた表現で、「腸内細菌叢」とも呼ばれます。

腸内フローラが腸のどのあたりを指しているかというと、小腸の下部にある回腸のあたりから大腸にかけてとなり、培養できる菌で100種類、100兆個といわれてきましたが、実際には培養できない菌を入れると種類は5万種類、約1000兆個以上の細菌が生息しています。

2 腸内細菌のバランスは健康を左右する

理想的な腸の状態とはどのようなものでしょうか。

腸内フローラは善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類の菌で構成されています。

善玉菌の代表的なものにビフィズス菌や乳酸菌などがあります。体内を酸性に保ち、有害な菌の増殖を抑えたり、感染症を引き起こすウィルスや病原菌を撃退したり、免疫機能を高め、ビタミンを作りだすなどさまざまなよい働きがあります。

悪玉菌は腐敗型細菌と呼ばれ、一部の大腸菌やウェルシュ菌などがあります。

こちらはたんぱく質やアミノ酸を分解して、アンモニア、硫化物、アミンなどの有害な物質を作りだし、これはがんや生活習慣病の原因物質になります。

ここで重要なことは、善玉菌と悪玉菌のバランスです。

理想的なのは、善玉菌は多めに、悪玉菌を少なめにすることです。

一般的な目安は善玉菌20~30%、悪玉菌10%、日和見菌60-~70%ですが、実際に数値で測定する検査は一般的ではないので、下痢や便秘が少なく、よい状態の便を無理なく定期的に排泄するのであればよい状態であるといえます。

最後に日和見菌ですが、優勢なほうに加担する性質を持っています。

善玉菌が多いときには善玉菌に見方し、悪玉菌が増えるとそちらにつくのです。

日和見菌にはさまざまなものがありますが、一部の大腸菌や連鎖球菌、また身近な納豆菌や土壌菌なども含まれます。

3 カラダの免疫と腸内フローラ

日頃耳にする「免疫」とは、外部から侵入する有害なものを感知して、排除しようとするしくみです。

いわゆる自然治癒力の一種ですが、それには三つの働きがあり、ひとつはカラダを一定の状態に保とうとする機能、二つめは外部からの異物と闘い自分を守る機能、三つ目は傷やトラブルを生じても、自己を元の状態に再生しようとする働きです。

何らかの理由で免役が低下すると、風邪やインフルエンザにかかりやすくなったり、口内炎や肌荒れなどを含め、さまざまな感染症や生活習慣病の原因になります。

そして、何らかの理由で腸内バランスが崩れると、花粉症、ぜんそく、食物アレルギー、潰瘍性大腸炎などを引き起こします。

こうした事態を避けて免疫が正しく働くためには、やはり「腸内フローラ」がよい状態を保っていることが重要です。

4 腸内フローラを元気にする極意

腸内フローラを元気にする方法は、第一に善玉菌を増やし、第二に悪玉菌を減らすことです。

善玉菌は腸内で乳酸、酢酸、酪酸などの有機酸を生み出して腸内を酸性にし、酸性が嫌いな悪玉菌を減少させて、さまざまな病気に負けないカラダを作ってくれます。

善玉菌のいちばん好きなものは、オリゴ糖、そして食物繊維です。

オリゴ糖の豊富な食べ物は「焼きバナナ」です。

バナナには食物繊維のほかに、ブドウ糖、果糖、ビタミンB群やカリウム、マグネシウムも豊富です。バナナは焼くとさらに甘みが増しオリゴ糖も増えます。

海藻類などは水溶性の食物繊維が豊富で、多量の水分を含み、便秘解消に有効です。

また、糖分の吸収をゆるやかにするため食後の血糖値の上昇をおだやかにし、脂肪の吸収を抑える働きもあります。

一方の不溶性の食物繊維には大豆や穀類、リンゴなどの果物があり、こちらは水に溶けにくいのですが、便のかさを増やして排便を促したり、有害な物質を体外へ排出する作用があるため、こちらも便通を整えるのに役立ちます。

水溶性、不溶性の食物繊維は、バランスよく摂るのが理想的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする