ストレス解消の為におすすめしたい5つの方法

ストレスを抱えたままでいると、身体にも精神的にも大きな負荷が掛かってしまい、重大な病気を引き起こしかねません。病を得てからでは回復も大変な時間と労力が掛かってしまいますので、酷くならないうちにストレスを解消していくように心がけていきたいものです。

そこでここからは、ストレス解消のためにおすすめしたい方法を5つご紹介していきますので、自分にあったものを見つけて試してみて、ストレス打破に役立ててみてください。

ストレス解消を目指すあなたにオススメしたい5つの方法

1:運動を取り入れてストレス解消!

運動不足の人はストレスを溜め込みがちだといわれています。

というのも、人は身体と脳のバランスが崩れると、なにかしらの負荷を感じる生き物だからです。人は生活しているだけで頭脳を使うので脳は常に疲労を抱えています。その一方で運動する機会のない身体はそれほど疲労しません。この偏りが人には悪影響となり、ストレスとしてあらわれるといわれています。

そのため運動を生活に取り入れることは健康的に暮らしていくためにもなるべく心がけたいことなのです。

人は身体を動かすと、「エンドルフィン」や「セロトニン」という脳内分泌物資を分泌します。

このうち心肺機能を高める運動を行うと分泌されやすい「エンドルフィン」は脳内麻薬とも呼ばれ、多幸感や満足感をもたらしてくれる神経伝達物質です。マラソンランナーが感じるという「ランナーズハイ」という単語を聞いたことのある人は多いでしょうが、この状態を引き起こす理由こそこのエンドルフィンによるものです。

一方、「セロトニン」は規則的なリズムを保った運動により分泌されやすくなる神経伝達物質です。セロトニンには自律神経のバランスを整え心を安定させるはたらきを持ちますので、心がふさぎがちなストレス症状を持つ場合にはセロトニンの分泌をはたらきかける運動を行うと良いでしょう。ウォーキングやジョギング、自転車などを30分程度まで、自身が楽しめる範囲で行うようにするのがおすすめです。

2:食事することそのものもストレス解消に!

食事はいうまでもなく人が生きていくために必要不可欠な行為ですが、栄養を身体に取り込むためだけでなく、精神的な改善効果も見込めるものです。

人と食事をして会話を交わしているだけで心がほぐれたりほっとしたり、あるいは好きなものを美味しくいただくだけでも、心の充足を感じたことはだれにでもあるのではないでしょうか。そういった意味でも、食事をするという行為そのものを楽しむようにするのも実はストレス解消法のひとつだといえるのです。

ちなみに、ストレスを感じているときにはホルモンのはたらきによりタンパク質の分解が盛んに行われるようになり、疲労を深めてしまうことにつながりますので、積極的にタンパク質を含む肉類や魚類、乳製品などを摂るようにすることがおすすめです。

そしてビタミンBは神経の正常なはたらきに作用し、ビタミンCはストレスにより大量に消費されてしまうため、これらを含む野菜や果実類を意識して食べるようにしたいものです。

これらのほかにも、カルシウムやマグネシウムも精神的な安定のためには必要な栄養分ですので、前者は小魚や納豆、チーズなどから、後者はアーモンドや大豆、ひじきなどから日々少しずつでも摂取していきましょう。

3:睡眠こそストレス解消の基本!

寝る子は育つ、ではありませんが、しっかりと眠って心身を休めることは人の健康のために欠かせないことです。

特にストレスにさらされている状況の場合には自律神経系が乱されていることが考えられますが、睡眠には自律神経を整えるはたらきもありますので、眠ることは対ストレスの確かな対処法なのです。

ただ眠ればよいのではなく、きちんと睡眠でストレスを解消する効果を得るためには、その質を高いものにすることが重要です。

そのためには、寝る直前の食事や飲酒を控えること、テレビやパソコン、携帯電話などの明るい画面から目を離しておくこと、入浴は眠る1時間前までに済ませておくこと、明かりの明度を落としアロマオイルをたくなどして眠りやすい環境を整えておくことなどが有効です。

また、ホットミルクには安眠効果だけでなく、ストレス解消効果を持つトリプトファンが含まれているので、眠るまえの飲み物としておすすめです。

4:カラオケにもストレス解消効果あり

ストレス解消にカラオケに行くという話はわりと普通に耳にすることですし、自身にも経験がある人も多いでしょうが、実際にストレス解消効果が期待できるのです。

その理由として、歌うということは口の筋肉を動かすという軽い運動であることと、歌うことそのものの気持ちよさにより自律神経が整う効果が期待できる、という見方があります。

特にカラオケボックスなどでは場所を気にすることなく大きな声で心おきなく歌うことができるので、エンドルフィンやドーパミンという神経伝達物質が分泌されやすくなり、幸福感や高揚感を呼び起こすのでストレス発散に役立つのです。

5:映画などで感情を発散させるのも良し

映画やドラマ、小説や漫画などフィクションの世界を楽しんで、思い切り笑うことももちろん良いですが、よりストレス解消に有効なのは感動して泣くという行為です。

感情を揺さぶられて泣くことにより、副交感神経が優位になり、身体がリラックス状態へと導かれるからです。ストレスを感じている状態というのはどうしても心身の緊張がつづいて、休もうとしても上手く休めない状態であることが多いです。そんなときにしっかりと泣くことで、自律神経を整う手助けとなってくれるのです。

おすすめは夜、映画などで我慢せずにしっかりと泣くことです。すっきりさせたあとで入浴し、横たわればぐっすりと眠りやすくなるはずです。そうして自然とストレスからの解放を得ていくことができるようになるでしょう。

スポンサーリンク

89%OFF

89%OFF

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

89%OFF