若々しい肌が手に入る!顔のシワを解消する3つの方法

顔のシワは、年齢を重ねるにつれて目立ちやすくなります。

若々しい肌を保つには、顔に刻まれてしまうシワを避けなくてはいけません。

ここでは顔のシワが目立つ原因と、シワを解消する方法を取り上げます。

シワになる原因を正しく理解して、シワの少ない肌を目指しましょう。

顔のシワを目立たせる原因

顔のシワを目立たせる原因は「乾燥」「紫外線」「コラーゲン・エラスチンの変性」の、3つです。

【乾燥】

肌が乾燥すると、皮脂が減ったり、角層のなかにある水分が蒸散したりして、肌を保護する機能が失われます。

すると、肌は乾燥を食い止めるために、角質層の細胞を増やします。

厚みを増した角質層からは弾力が失われて、硬くなってしまいます。

こうなってしまうと、表情や笑い癖などでついたシワは元へ戻らず、肌に残されてしまうのです。

【紫外線】

紫外線をたくさん浴びると、シワができやすくなります。

これは紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)が肌のなか(表皮や真皮)へ届くことで、肌にダメージが与えられるためです。

【コラーゲン・エラスチンの変性】

コラーゲンとエラスチンが正しく働かないと、シワが目立ってしまいます。

若いときと比べてコラーゲンやエラスチンをつくる量は減っていきます。

しかも、細胞が酸化したり、紫外線を浴びたりすることで、コラーゲンとエラスチンの性質が変わってしまいます。

コラーゲンとエラスチンが正しく働かないと、肌にはしわやたるみが目立ちやすくなるのです。

顔のシワを解消する方法

1:保湿

乾燥によるシワは、水分の不足が原因で起こります。

シワを防ぐには、保湿成分を含んだ化粧水を使いましょう。

顔の脂を取り除くシートや、洗浄力の強い洗顔料を使う方は、脂取りシート・洗浄力の強い洗顔料の使用を控えてください。

肌を守るために必要な皮脂を取り除いている可能性があります。

肌を守る皮脂が不足すると、気温や紫外線からの影響を強く受けてしまいます。

保湿を行っても、肌を守る皮脂が足りないことで、乾燥を呼び込み、シワができやすい状況をつくります。

スキンケアを行うときは、皮脂の摂り過ぎに気をつけましょう。

2:コラーゲンの多い食べ物を摂取する

コラーゲンが不足すると、肌にシワができやすい環境がつくられます。

コラーゲンを含んだ食品を摂取して、十分な量を補給しましょう。

【コラーゲンを含む食品】

・大豆
・豚足
・鳥皮
・軟骨
・手羽先
・牛すじ
・牛テール
・うなぎ
・なまこ
・くらげ
・エイヒレ
・フカヒレ
・すっぽんなど

【注意すること】

コラーゲンは水と一緒に熱を加えると、水のなかへ溶け出す性質があります。
そのため、手羽先や牛すじなどを煮込むときは、煮汁を捨てずに、有効に利用しましょう。

コラーゲンのほかにもシワを目立たなくさせる成分があります。
こちらもコラーゲンと合わせて、毎日の食事に取り入れてみましょう。

【シワを予防する成分と食品】

・コエンザイムQ10:イワシ、サバ、大豆、落花生
・オメガ3脂肪酸:マグロ、ほうれん草、大豆
・ポリフェノール:ココア、カカオ、赤ワイン、ブルーベリー
・ビタミンC:レモン、アセロラ、キウイフルーツ、グレープフルーツ、ピーマン
・ビタミンB:納豆、うなぎ、ブロッコリー、ナッツ類

また、手軽にコラーゲンを摂取できるドリンクやサプリなどの健康食品も販売されています。
「食事から摂れない」「食べる時間がない」方は手軽にコラーゲンが摂れる食品を利用してみましょう。

3:表情筋を鍛える

表情筋が衰えると、シワができやすくなります。

表情筋を鍛えるエクササイズを行いましょう。

血流やリンパの流れが改善することで、老廃物が排出されやすくなり、肌が活性します。

表情筋の鍛え方は、「あいうえお」の言葉に合わせて、口を大きく開いたり、閉じたりするだけです。
1

度に10セットほど、行ってください。

お風呂に入ったときに行うと、習慣になり、エクササイズを忘れることがありません。

表情筋を適度に使って、シワを解消しましょう。

スポンサーリンク

89%OFF

89%OFF

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

89%OFF