高血圧の原因と対策を知りたい

心臓から送り出されてた血液が血管の壁に与える圧力のことを「血圧」といいます。

血圧が正常の範囲内であればよいのですが高血圧になった時、放置しておくと人の体にさまざまな疾患をともたらします。

一般的に高血圧と言われる数値は収縮期血圧(通称上の血圧)が140㎜Hg以上、もしくは拡張期血圧(通称下の血圧)が90mmHg以上の場合を指してそういいます。

特に高血圧は「サイレントキラー」とも呼ばれています。

これは「沈黙の殺し屋」という意味であり血圧が高いことは危険であるものの自覚症状がほとんどないことからそう呼ばれており、高血圧は人体にとって自覚症状のないまま「動脈硬化」「心臓病」などをもたらすのです。

日本では4000万人以上該当するとされており、高血圧はもはや他人事ではありません。

高血圧の原因とそして解消方法について知っておき、若いうちから実践しておきましょう。

高血圧の原因とは

高血圧の原因としては遺伝的な要素ももちろんありますが、その多くは後天的なものであり生活習慣と深くかかわっています。

まずは塩分の取り過ぎです。

塩分を取り過ぎると血中に含まれるナトリウムの血中濃度が上がりますので、それを水で薄めて元の濃度に戻そうと血圧が上がってしまいます。

次に肥満です。

肥満である人は血糖値を下げるためのホルモンであるインスリンが効きにくくなり、すい臓からインスリンを過剰に出さなけれなならない高インスリン血症になります。

インスリンには体外へ排出予定のナトリウムを戻す働きがありますので塩分過多と同じように血流が増えて血圧が上がります。

第3に喫煙や多量の飲酒です。

タバコの害に含まれる有害物質が交感神経を刺激して血圧をあげますし、大量の飲酒は血管が収縮して心臓の拍動が早まり高血圧へとつながります。

過度なストレスも血圧にはよくありません。

緊張やストレスなどの心の変化によっても血圧が上がることになります。

緊張して胸がドキドキすることは誰もが経験のあることですが、緊張やストレスは血管を収縮させるからです。

ほかにも運動不足や睡眠不足など、いくつかの原因が挙げられます。

これらの原因を知り日常生活につなげることが、高血圧の対策、ひいては病気の予防となります。

高血圧へはしっかりと対策をしよう

1.食事に気を付けて高血圧を予防

最近ではインスタント食品など塩分の多い食生活を送る人も少なくありません。

塩分、すなわちナトリウムの過剰摂取は体内の血流が増え高血圧になります。

2015年の厚生労働省の発表では一日当たりのナトリウム(食塩相当量)の摂取目標が、男性8グラム、女性7.5グラム未満となっています。

実際の日本人が1日に摂取する塩分量の平均が10.7グラムですからかなり平均を上回っている人が多いということになります。

欧米諸国でさえ1日の平均塩分摂取量が9グラムですので、日本人の食事はもともと塩分の多いものであると言わざるを得ません。

そのため、塩分の多い食事は控えるようにしましょう。

減塩タイプの調味料を選んだりだしなど素材の味を薄味で味わうようにするとよいでしょう。

さらに高塩分な食べ物を控えるだけでなくナトリウムを積極的に体外へ排出するカリウムも摂取すると高血圧を予防できます。

カリウムを豊富に含む食べ物としてバナナが有名ですが、ほかにもモロヘイヤやアボカドなどがありますので積極的に摂取したいものです。

2.運動して高血圧を予防しよう

適度な運動を習慣づけて行うことで大概に塩分が汗となって排出されたり内臓の動きが活発になり高血圧を予防できます。

1日30分程度、週3、4回の軽い運動から始めるようにするとよいでしょう。

ウォーキングは初心者でも取り組みやすいです。

軽いジョギングやサイクリングなど「有酸素運動」を積極的に取り入れるとよいです。

腕立て伏せやダンベルなど激しい運動を瞬間的に行う「無酸素運動」は高血圧の人が行うと一時的に呼吸が止まる恐れもあり危険です。

そのため、無理のない範囲の運動を少しずつ続けるとよいでしょう。

3.過剰な飲酒は禁物です

実は飲酒は一時的には血圧を下げると言われています。

ですが、過剰に飲み続けると高血圧につながりますので注意が必要です。

お酒はほどほどにそして適量を守って飲みましょう。

特に過剰な飲酒は肝臓を傷めたりするなど他の疾患につながることもあるからです。

4.肥満を改善しよう

高血圧に悩んでいる人は肥満にも悩んでいるケースが多いです。

内臓脂肪がつくと血管が固くなって弾力性がなくなり高血圧になることもあるからです。

特に年齢とともに代謝が落ちて肥満にもなりやすいですので、適度な運動を取り入れるなど、

肥満になることのないようにしましょう。

肥満の解消には食生活の改善や適度な運動がよいでしょう。

5.ストレス

ストレスを受けると交感神経が過剰に活発化します。

そうすると血管が収縮して血圧の上昇を招くことがあります。

ですので、ストレスは高血圧を誘引するとみて良いでしょう。

ストレスには疲労を感じたり寒暖の差を感じたりする肉体的ストレスと不安や怒りなどの精神的ストレスがありますが、これらの原因を知り解消していくことが必要です。

特にストレスが心筋梗塞や脳卒中、また精神的な病気につながることもありますので注意が必要です。

当サイトのおすすめ商品は?

めっちゃたっぷりフルーツ青汁は一般的な青汁と違って健康だけでなく、美容とダイエットをサポートしてくれます。

「149種以上の酵素」「有胞子性乳酸菌」「栄養満点の青汁原料」「フルーツと野菜11種類のエキス」を配合する事により、身体の内側から綺麗に健康に痩せる効果が期待出来ます。

今なら「定期コース」という定期購入を利用する事で初月680円で2ヶ月目以降も35%オフで購入出来てお得です。

また始めて購入する人でも定期購入解約縛りなしと初回限定で返金保障がついているから安心です。

そんなめっちゃたっぷりフルーツ青汁は美味しくダイエットが出来るので身体の内側から綺麗を目指す女性におすすめです。

→めっちゃたっぷりフルーツ青汁の詳細はこちら。

スポンサーリンク

89%OFF

89%OFF

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

89%OFF