クマザサのすごすぎる効果効能を解説

クマザサはイネ科ササ属の植物であり、中国では民間薬としても利用されています。

日本でも古くから万能薬として使われているクマザサですが、近年では薬としての利用以外にも青汁やお茶などの健康食品に用いられるようになった事により注目を集めています。

今回はそんなクマザサの効果効能について解説していきます。

クマザサのすごすぎる効果効能

1:高血圧・コレステロール抑制効果

クマザサに含まれるクロロフィル(葉緑素)は体内の細胞の働きを活性化させる事により血圧を安定させます。

また悪玉コレステロールの吸収を妨げる働きによりコレステロール値の上昇を抑制します。

2:貧血改善効果

クマザサに含まれるクロロフィル(葉緑素)は貧血に大きくかかわるヘモグロビンの働きを促す事により症状改善効果が期待出来ます。

3:口臭抑制効果

クマザサに含まれるクロロフィル(葉緑素)は抗菌作用があり、口腔内の臭いを抑えて口臭を予防します。

実際にクロロフィルを含む口臭予防のガムも販売されており、高い効果が期待出来ます。

4:便秘解消効果

クマザサに含まれるリグニンという不溶性食物繊維は腸内の水分を吸収して便の水かさを増す事により便通を促します。

リグニンは同時に腸内に存在する善玉菌の餌となり、善玉菌の活動を活性化させて腸内環境を整える効果も期待出来ます。

5:動脈硬化予防効果

動脈硬化は動脈内にコレステロールなどが蓄積されて狭くなっていく症状です。

クマザサに含まれる食物繊維には悪玉コレステロールと吸着する働きにより血栓が作られるのを防ぎ、動脈硬化を予防します。

6:アレルギー抑制効果

クマザサに含まれるキシログロカンは免疫力が向上してアレルギーを抑制する効果が期待出来ます。

そのため最近では花粉症及びその他アレルギー症状の体質改善目的でクマザサを含む青汁やお茶などの健康食品を愛用しているという人もおります。

7:ガン予防効果

クマザサに含まれるクロロフィル(葉緑素)やバンフォリンは免疫力を向上させてガンを予防する効果が期待出来ます。

8:胃機能改善効果

クマザサに含まれる安息香酸の殺菌作用により胃を黄色ブドウ球菌やピロリ菌などの細菌の発生・繁殖を抑制する効果が期待出来ます。

クマザサを飲むときの注意点とは?

クマザサは上記のようにすごすぎる効能効果がありますが、口にするときには注意する点があります。

1:米アレルギー

クマザサはイネ科の植物であり、米アレルギーの人が口にするとアレルギー反応が生じる可能性がありますので注意しましょう。

2:ワーファリン

クマザサに含まれるビタミンKという成分は止血効果があるので、ワーファリンなどの血液をさらさらにするお薬を利用している場合には口にするのは避けましょう。

当サイトのおすすめ商品は?

めっちゃたっぷりフルーツ青汁は一般的な青汁と違って健康だけでなく、美容とダイエットをサポートしてくれます。

「149種以上の酵素」「有胞子性乳酸菌」「栄養満点の青汁原料」「フルーツと野菜11種類のエキス」を配合する事により、身体の内側から綺麗に健康に痩せる効果が期待出来ます。

今なら「定期コース」という定期購入を利用する事で初月680円で2ヶ月目以降も35%オフで購入出来てお得です。

また始めて購入する人でも定期購入解約縛りなしと初回限定で返金保障がついているから安心です。

そんなめっちゃたっぷりフルーツ青汁は美味しくダイエットが出来るので身体の内側から綺麗を目指す女性におすすめです。

→めっちゃたっぷりフルーツ青汁の詳細はこちら。

スポンサーリンク

89%OFF

89%OFF

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

89%OFF