口内炎の原因と治療方法を紹介!まずはこれだけ試してみて!

口内炎が出来てしまうと食事をするたびに気にしなくてはいけないのでつらいですよね。

食事以外でも口内炎が気になってしまって普段の生活にも支障が出てしまうと思います。

今回はそんな口内炎を早く一回で治す為に原因と治療方法を紹介していきますのでぜひ、参考にしてみてください。

口内炎とは?

口内炎とは口腔内の粘膜に刺激が加わり炎症が起こることをいいます。

口内炎は「アフタ性口内炎」「カタル性口内炎」「ヘルペス性口内炎」「カンジタ性口内炎」「ニコチン性口内炎」の5種類が代表的な種類です。

1:アフタ性口内炎

口内炎といえば多くはこのアフタ性口内炎をいいます。

アフタ性口内炎は唇や頬の裏側、舌、歯茎などに直径数mmの灰白色斑(アフタ)と呼ばれる潰瘍を作り、痛みを感じます。

悪化すると出血も発生しますが、通常は1週間以内には完治します。

2:カタル性口内炎

カタル性口内炎は物理的な刺激により傷ついた箇所に細菌が感染、繁殖して発症します。

粘膜に発赤・疼痛・水腫が起こり、刺激の強い食べ物を口にすることでも痛みを感じます。

3:ヘルペス性口内炎

ヘルペス性口内炎はヘルペス性ウィルスに感染することで発症します。

赤く腫れて水泡が発生して破れてしまうと痛みが生じます。

疲労や体調不良により再発する可能性が高いので注意が必要です。

4:カンジタ性口内炎

カンジタ性口内炎は口腔内にカンジタというカビの一種が異常発生することで発症します。

粘膜上に白い膜ができる「偽膜性カンジダ症」、粘膜表面が赤くなる「委縮性カンジダ症」、慢性化して粘膜が厚くなる「肥厚性カンジダ症」などがあります。

口腔内で味覚の違和感、舌のしびれなどが起こり、放置したままにすると口腔内全体に広がる可能性がありますので注意が必要です。

カンジタ菌自体は口腔内に常在菌であり、普段は問題ないのですが体力低下などにより口腔内のバランスが崩れたときにカンジタ性口内炎が発症します。

5:ニコチン性口内炎

ニコチン性口内炎はタバコが原因で起こる口内炎です。

日常的に喫煙をしていると粘膜上に赤い発疹ができて徐々に白く分厚くなるという症状があります。

この状態を「口蓋ニコチン性白色角化症」と呼び、痛みはほとんど感じないのですが食べものが染みると感じる場合があります。

口内炎の原因と治療方法を紹介!

一般的に口内炎といえばアフタ性口内炎であり、このアフタ性口内炎ができる主な原因として、

・ビタミンB2不足
・ストレスや疲労による免疫力低下
・ストレスによる唾液不足
・口の中を噛んでしまったり歯ブラシによる粘膜への機械的刺激

などが挙げられます。

他にも体質的に口内炎ができやすい人もいます。

口内炎の治療方法には、

・ステロイド軟膏
・レーザー治療
・ビタミン剤
・パッチ

というものがあります。

しかし口内炎は一度、治療しても再発しやすいものであり、日ごろからバランスの良い食事・質の高い睡眠・ストレスを溜めない生活を心がけることが予防につながります。

当サイトのおすすめ商品は?

めっちゃたっぷりフルーツ青汁は一般的な青汁と違って健康だけでなく、美容とダイエットをサポートしてくれます。

「149種以上の酵素」「有胞子性乳酸菌」「栄養満点の青汁原料」「フルーツと野菜11種類のエキス」を配合する事により、身体の内側から綺麗に健康に痩せる効果が期待出来ます。

今なら「定期コース」という定期購入を利用する事で初月680円で2ヶ月目以降も35%オフで購入出来てお得です。

また始めて購入する人でも定期購入解約縛りなしと初回限定で返金保障がついているから安心です。

そんなめっちゃたっぷりフルーツ青汁は美味しくダイエットが出来るので身体の内側から綺麗を目指す女性におすすめです。

→めっちゃたっぷりフルーツ青汁の詳細はこちら。

スポンサーリンク

89%OFF

89%OFF

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

89%OFF